スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

姉妹犬・・・

朝のワイドショーで、昨年末に話題になった通称「崖っぷち犬」を含む

譲渡会が開かれたらしいのですが、ちょっと考えさせられる問題だと思う。

「崖っぷち犬」には、100件以上の問い合わせがきてたのにも関わらず、

実際に譲渡会へ来たのは10人ちょっと。

まぁ、それは実際に飼うとなると色々な負担や、生活の変化に支障が出る

からと判断されて思い留まったのだと思うけど、「崖っぷち犬」の姉妹と

思われる、通称「姉妹犬」(このネーミングセンスは別として・・・。)

この子に、譲渡を希望する人は全く居なかったとの事。

なんで?

実際、犬を飼うとなると多々問題等出てくるとは思うけど、

「犬を飼う」って決めたなら何も、「崖っぷち犬」だけじゃなくても良いはず!

確かに、飼い主側にしてみれば愛情を注ぎやすく、「かわいいワンちゃん!」

と思うのは無理も無い事だけどさ、子犬から育てても、その子がどう育つとか

わからないし、話題だけで集まってき感じにとれる。



毎日、各地方の行政機関には飼い主に見放さたワンちゃんは沢山いるし、

その中には雑種どころか、りっぱな血統証をもったワンちゃんも。

それぞれ、多々理由がって手放したのだろうと思うし、確かにそれは、

人間の勝手な行動だと思う。

中には、本当に已もうえない理由で手放した方もいらっしゃるし、これは

動物を飼う上での、人間に課せられた問題だと思う。

でも、そういった経緯を経てきたワンちゃんを話題性だけで引き取りたいと

思うのはちょっと間違いのような気がする。

「じゃあ、あんたが引き取るか?」と言われたら、確かにそれは無理な事だし

自分でも、なんか偉そうな事書いてると思う。

でも、自分がこのニュースを見て、思った事、感じた事を書かずには

居られない衝動に駆られました。

確かに書いていても、これも人間のエゴと思うし自分でも出来ない事を他人に

押し付けてると思う。

ただ、自分で出来る範囲の事はこの先も続けていきたいと、改めて思いました。

今回の譲渡会で引き取られたワンちゃんは、新しい飼い主さんと幸せに

なって欲しいし、「姉妹犬」を含む今回引き取りの無かったワンちゃんにも

早く、新しい飼い主さんが見つかって欲しいと思います。

また、譲渡会の会場に来ていた4人の小学生の行動には感心させられました。

4頭中たった1頭でしたが、貴方達のとった行動で子犬の未来が出来たと思います。

残りの3頭にも、早く飼い主さんが見つかればいいですね。

こういう事でしか応援出来ない自分が腹立たしいと思います。
スポンサーサイト

2007年01月29日 飼い主の・・・ トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。